Bouvardia’s blog

猫と花、娘との暮らしについて綴ります

朝顔のツルの行方

お題「ささやかな幸せ」

梅雨時の湿気も手伝って ベタベタとまとわりつくような暑さが続いています。

年々暑さに弱くなっている気がします。これからやってくる夏本番をバテることなく乗り切れるように、3食+睡眠を十分にとりたいと思っています。

密な鉢植え

最近のささやかな楽しみは、朝起きてポストに新聞を取りに行きがてら、控えめに咲く朝顔を眺めることです。

f:id:Bouvardia:20200708105545j:plain

日日草と同じ鉢に植えてしまったので、鉢の中が密になってしまいましたが、どうにか仲良く並んで花開いてくれて、ホッとしています。

花を眺めながら、密とは言わずとも、人もいつかまた互いに寄り添い、支え合いながら生活できる日がきますようにと願わずにいられません。

朝顔のツルの行方

朝顔のツルは、支柱を超えるほどに成長し、一時はぷらぷらと何処につかまろうか彷徨っているように見えました。先日、隣の鉢植えの支柱にちゃっかりとからまっていることに気がつきました。

自分の居場所を見つけて、さらに上を目指して成長していく姿に驚かされました。今朝の強風の中でも、しっかりと巻き付いて離れずにいました。

人でいったら何でしょう。上を目指す向上心といったところでしょうか。或いは、いま居る場所から外れても生きていけるから大丈夫だよと教えてくれてもいるような…

いずれにしろ、生命力を分かりやすい形で見せてくれて、感心しきりです。

f:id:Bouvardia:20200707160215j:plain

f:id:Bouvardia:20200708110021j:plain

朝顔も日日草も、色が違うと印象も異なり、ピンクは優しげに、白や紫は涼しげに見えて楽しいです。

 

ちなみに、朝顔が発芽して 双葉が開き、鉢に植え替えるまでの記録は、過去の記事で触れています。 

bouvardia.hatenablog.com

庭に咲く草花の観察記録

小学生の頃、夏休みに朝顔の観察記録をした覚えがありますが、絵心のない私にとって、当時は面倒な課題でしかありませんでした。

まさか、大人になった自分が朝顔に癒される日々を過ごすとは、思ってもいませんでした。

今も昔も、絵心が無いことに変わりありませんが、絵を描かなくてもスマホのカメラで庭の草花をパチパチと写真を撮っておくだけでもいいのですから、便利な時代になったものですね。

写真を残しておくことで、後々 Amazon Photosから「この日📸過去数年間の〇月〇日の写真を見ましょう」とメッセージが届き、振り返って楽しむことが出来ています。

おかげで、去年の今頃は紫陽花にも癒されていたなぁ…などと過去に遡ってまで草花に癒され、ささやかな幸せを感じます。

f:id:Bouvardia:20200708122452j:plain

今朝の愛猫

新聞片手に玄関を開けたら、愛猫が待ち構えていました。

f:id:Bouvardia:20200708125357j:plain

ゴハンの前に、どこ行ってたんだよーって感じでしょうか。

花もいいけど、猫もいい。