Bouvardia’s blog

猫と花、娘との暮らしについて綴ります

ブログを書くこと

お題「我が家の本棚」

今日読んだ本

がんばらない練習

著者/pha

発行者/見城 徹 

発行所/株式会社幻冬舎 

発行年/2019年 113頁

書くことで何かを終わらせる より引用

人は文章を書くとき、自分の中である程度終わっているもの、ある程度一段落しているものについてしか書けない。「書く」という行為には、既に終わりかけている何かをはっきりと終わらせて、その次に勧めるようにする効果がある。

phaさんのおっしゃる“効果”を求めて、私もブログを書いているところがあるのかも知れないと思いました。全部ではないけれど。

はてなブログを始めようと思ったタイミングも、弱りきった自分に一旦ケリをつけたかった時でした。

残念ながら、弱った自分をシャキっと立て直したぞ!と言い切れるまでには至ってませんが、元の自分に戻るのがベストではないということが分かり、思考のクセを自覚しただけでも前進と捉えています。

思考のクセ

まだ起きていないことまで心配するあまり、恐怖につながり、漠然とした不安を抱え込みがちなクセがあります。

不安が増すのは、決まって仕事のことがキッカケです。何かあるとすぐに眠れなくなり、悪循環に陥ると心の体力がもたなくなります。

思考のクセは、気がついたところですぐに直せるものではありませんが、程度を知れ!と己に言ってやりたいです。

ここから先の人生は、何が起きてもなるべく楽観的に捉えて、まずは楽しんでみる♪くらいの心構えでいたいです。

心構えにすべきことは、まだあります。

かつて、上司に「(私の)視野が狭いね」と指摘を受けたことがあります。指摘された通り、私は往々にして 物事を俯瞰して見られず、他部門との調整をスムーズに進められなくて困ることがあります。全体最適の意識が欠けているのだと思います。

懸命に取り組もうとすればするほど、視野が狭くなり、さらに頑固さも手伝って社内で敵を作りがちです。社内に敵を作るだなんて、あってはならないことだし、自分自身にとっても損なことなのに。

いい歳をして今更感が否めませんが、これから先も続くサラリーマン生活において、「視野を広く!」は、私が常に心がけておかねばならないことの一つです。

そして なにより、仕事が私の人生のすべてではないのだから、もう少し肩の力を抜いて、上手に浅くかわしていけばいいんだ と思うようにします。

 

先日、強風の中で咲いた庭のグラジオラスが 今日も無事でいます。

背筋を伸ばしてすくっと立っているような姿で、華やぎがあります。

f:id:Bouvardia:20200713174052j:plain見倣いたい姿です。

 

心の中心にあるのは、仕事じゃない。

家に帰れば、愛猫もいてくれます。

f:id:Bouvardia:20200713212810j:plain

楽に生きよう☆